東大セミナー通信

2014.11.20東セミパーソナルに通う東セミ生の声(高校生)

学習効果アップ!家庭での子どもの接し方P...


こんばんは☆

東セミグループ松任・白山校の大久保です!

「学習効果アップ!家庭での子どもの接し方」というタイトルで

更新を始めてから今回でついに5回目!とても早く感じます。

11月も気がつけば残りもあと10日。落ち葉が季節を感じさせますね。。。

imagesO3PK6M62

さて、本日のポイントは・・・

長所を伸ばす

です☆☆☆

 

ここで保護者の皆様に質問です!

「お子様の長所あげられますか?」

 

いくつも挙げられる保護者の方も大勢いらっしゃることでしょう。

しかし、中にはドキッとした方もいらっしゃるのでは?

 

お子様の長所がすぐに見つけられる保護者の方は

本当に素晴らしい方だと思います。

ただ、今回のポイントはあくまでも「長所を伸ばす」です!

長所はどんなお子様にも必ずあるはずです。

その長所は「ある」だけでは非常にもったいない!!

「伸ばす」ということがポイントなのです。

 

例えば、うちの子はいつも生活がだらしなくて・・・

休日は寝てばっかりで・・・など高校生になったお子様でもよくある話です。

悪いところばかりに目が向いてしまうのは当然のことかもしれません。

しかし、長所を伸ばすことによって欠点を改善しようという気持ちにさせてくれるのです!

 

具体例を挙げると、模試の結果で英語がいつも高得点をとっている、

好きなことを始めると止まらない、

部屋の整理整頓、掃除がきちんとされている・・・などなど

直接勉強の科目でなくても構いません。

もちろん、勉強科目の内容であればなお良いですが。

長所をまずは褒めてあげてください。

そして、それを勉強につなげていくのです。

英語だけ高得点取れるというのであれば、苦手科目を勉強する必要はもちろんありますが、

英語をもっともっとできるように褒め、勉強量を増やしてもらえばいいのです。

するとお子様も1つの科目に対しての自信がつきます☆

そうなれば、他の科目も勉強してみようかな・・・他の科目マズイな・・・という気持ちになりますよね。

好きなことに対しての集中力があるお子様であれば、好きな科目から勉強してもらえればよいのです。

そうすればそのうち勉強でも集中力がついてきます。

 

いかがでしょうか。

長所を伸ばすという大切さ、ご理解いただけましたでしょうか。

まずはお子様の長所。是非、伸ばしていく機会をつくってあげてください!

さて、次回23日(日)は最後のポイントをお伝えします☆

 

 

 

 

 

SNSでシェアする
ページTOPへ
facebook