東大セミナー通信

2014.12.09東セミパーソナルに通う東セミ生の声(高校生)

勉強ができる人になるために②


皆さんこんにちは、東進衛星予備校・金沢南校の松本です。

今日はある生徒と世界遺産についてたくさん話し合いました。私もそこまで詳しくないのですが、

彼はヨーロッパを中心に非常に良く知っています。今日はベルギーのグランプラスについて教えてくれました。

純粋に興味があるようですね。いいですね、おかげさまで世界史は大変良くできる東大志望の生徒です。

 

さて、今日は第2回となりますが「勉強ができる人になるために」をテーマにお話します。

第2回は「計画編」です。

 

1.無理な計画を立てない

勉強ができない人の多くは、無理な計画を立てることが多いです。

自分のキャパを理解したうえで、「余裕かな~」ぐらいの計画を立てることをお勧めします。

結局、きつい計画を立ててしまって、できなくて無効化されるぐらいならゆるめに設定して前倒しした方がいいですね。

 

2.細かく立てすぎない

中には「○時~○時まで△△する」など、時間帯まで決めたり、ひどい場合は分単位で決めてたりします。

ただ、あんまり細かく決めすぎると修正できなくなるため、お勧めはしません。

やることリストとして優先順位をつけて、箇条書きにするぐらいがちょうどいいでしょう。

 

3.できたらチェックしてセルフモチベートする

計画を立てたなら、今度はチェックです。計画は立てても、それをチェックしない人がいるのですが、それはもったいないです。

上記のように箇条書きにしたならば、その項目のアタマに□のチェックボックスを書いておいておくことをお勧めします。

1つできる度にそのチェックボックスにチェックを入れていけば、達成感があってその後もがんばれるようになります。

 

以上、本日は勉強をできるようになるための話題として「計画編」をお話しました。

ぜひ明日からでも実施してくださいね!

百聞は一見に如かず!!

CIMG3941

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢南校 松本

 

SNSでシェアする
ページTOPへ
facebook