東大セミナー通信

2015.01.06勉強法

やる気をあげる方法とは


CIMG3957

 

雪も溶けてきて、運転が楽になりましたね。

生徒たちの登下校も余計な時間が取られなくて済みますので、もう雪は降ってほしくないものです(笑)

みなさんこんにちは、金沢南校の松本です。

 

さて、本日は高3生を対象に「高3センター試験直前ガイダンス」を実施しました。

伝えた内容としては

東進のセンターリサーチについて

東進では他の予備校とは違って、1問ずつ自己採点する形式になっていますので、どこよりも正確な自己採点が可能になっています。

私立大学の出願と受験の意義について

私立大学はもう出願が開始されています。今一度受験スケジュールを確認するとともに、受験の意義を確認しました。国公立志望者は、私立大学の受験を軽んじる傾向があります。「どうせ行かないから」「受験する時間がもったない」「移動の時間がもったない」など、確かに納得できる部分もあるのですが、はっきり言って私立大学を受験することほど本番力を強化できる機会はありません。家で国立2次の勉強をするよりも、私立大学の本番入試を受験して、本番の空気の中で戦う方がよっぽど得点力が上がります。実際の実力は変わらなくても、それを「発揮する力」がつくわけです。そういった意味では、「学力が伸びる」と言っても問題ないと思います。

 

最後に、生徒に毎回アンケートを書いてもらっているのですが、非常に嬉しいコメントがありました。

「受験に受かるためだけに東進に来たつもりだったけど、自分の将来に役立つとてもいい話が聞けた。

 ありがとうございました。」

我々は大学に合格させることが目的ではありません。大学に合格して「自信」をつけてもらい、その自信でもって大学以降の人生を生きるうえでどんどんチャレンジして、自分を、社会を成長させていってもらうことが目的です。

自分の幸せがそのまま世の中の幸せに直結するような、そんな人生を生きてほしいと願っています。

高3生、最後までがんばれ!!

 

金沢南校 松本

SNSでシェアする
ページTOPへ
facebook