東大セミナー通信

2015.02.07勉強法

必見!「就職」から見た私立大学の選び方~...


CIMG1875

 

 

東進衛星予備校金沢南校の大浦です。
私立高校入試の合格発表がありましたね!
公立高校入試はここからが本番!あと1ヶ月、悔いのないような努力をしていきましょう!
さて、「就職」から見た私立大学選びということで、先週は私立大学が就職に力を入れている理由を挙げましたが、今週は具体的な大学名を取り上げご紹介します。

 

★注目は福井県。

毎日新聞社発行の週刊エコノミストによると、
「入りやすくて就職しやすい、『お値打ち大学』ランキング」において、
文系部門、理系部門共に実は福井県の私立大学が1位を獲得しました。

 

文系部門1位:仁愛大学人間生活学部 実就職率100%
理系部門1位:福井工業大学工学部  実就職率95.2%

 

ちなみに理系部門の2位は石川県ではおなじみの金沢工業大学環境・建築学部(実就職率95%)です。

東北・北陸地区は就職への危機感が特に高く、就職支援体制が手厚いと言われています。

大学の売りとしても、首都圏の有名私立大学に対抗するにはネームバリューではなく、就職という「実績」にこだわりを見せているようです。

 

「評判」に流されるのではなく、実際に大学に足を運び学生の声を聞くことで大学選びの質を高めていくことができるでしょう。

 

以上、東進衛星予備校金沢南校 大浦でした!

 

 

 

 

 

ページTOPへ
facebook