東大セミナー通信

2015.02.15学校の様子

勉強のモチベーションアップの方法②


こんにちは。

少し暖かくなったと思いきや、急に寒くなったりと寒暖の差が激しいですが、

高校生の皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

東進衛生予備校 白山校の大久保です☆

 

先週、も勉強のモチベーションアップの方法をお伝えしましたが、

今回はその2回目です。

IMG_3181

写真は毎日来校して、コツコツ勉強を頑張っている高校2年生☆

Kさんは秋ぐらいから勉強に対するモチベーションが非常に高くなり、

3月は○○をする、4月になったらこうする!と自分でやることを考えて行動してくれています!

素晴らしい☆☆☆

 

しかし生徒の中にはたまにこんなことを言う生徒も・・・。

「学校のテストも近くて、テストの科目も多くてモチベーションが・・・。

勉強が嫌になってくるんですよね・・・。」

 

うんうん。そういうこと、ありますよね。

前回も書きましたが、“やらなきゃいけない”という気持ちはあるけど、

なかなか前に進まない・・・。

そんなときは・・・

プラスの気持ちに

まず、“やらなきゃいけない”という気持ちを変えてみましょう。

責任感が強かったり、負けず嫌いだったり、するとなおさらかもしれません。

しかし、気持ちだけでも“やらなきゃ”ではなく、“やろう!” “やってみよう!”

というプラスの前向きな気持ちにしてみましょう。

そのほうが、心に余裕が出るはずです。

 

いつもとやり方を変える

例えば、学校から出された課題。

進めていくときに、短い時間でできるモノや好きな科目から手をつけていくと

最後に自分にとって一番苦しいモノが残ってしまいます。

すると、あ~やだなぁ~とテンションが下がってしまいます。

いつもとやり方を変えてみましょう。

自分にとって一番重たいモノ、大変なモノを全部やるのではなく、

時間を決めるor1部分だけ(区切りがよいところまで)をやってみる。

やってみることで

考えていた以上に難しく時間がかかりそう、もしくは想像以上に簡単で短い時間で終わりそう

などど見積もりをすることができます。

すると、その課題に対しての気持ちの持ち方が変わります。

もちろん、想像以上に時間がかかってしまうことがわかったときは

ショックを受けるかもしれませんが、その分その課題に対して

気持ちをつくることができます。

 

モチベーション高める工夫を、日頃の勉強から取り入れてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ
facebook