東大セミナー通信

2015.02.24教室の様子

新学校教育金沢モデル!「中1に統一テスト...


中学校統一テスト

 

 

春らしい天気になってきましたね。花粉症の方は十分に対策をしておきましょう!

みなさんこんにちは、東進衛星予備校・金沢南校の松本です。

 

中1に統一テスト導入

来年2016年の4月に実施することが決まったようです。これにより、金沢型小中一貫教育を実現し、「中学生の学力を把握する」というよりかはむしろ「小学校の授業改善」が狙いであるようです。

 

問題作成者は小学校の先生

ですから、問題作成にあたり、出身小学校ごとの改善点が把握できるということです。このことによって、小学校の現状が把握され、また実施したテストの結果を見ることで、小学校の授業を見直し、小学校間での授業格差をなくすことで、金沢型小中一貫教育を実現するということが狙いになるわけですね。

 

新学校教育金沢モデルとは

今年7月までに構築すると言われているこのモデルには、全市の基準となる教育課程「金沢ベーシックカリキュラム」や「金沢型学習スタイル」という主体性を重視した学習などが盛り込まれるようです。これに関しては、大学入試改革にも結びつくところが多く、やはり主体的に学ぶこと、すなわち「やらされる勉強ではなく、自ら進んで行う勉強」がどれだけできるが鍵になってきそうです。それを小中時代に作り上げて、その上に高校ではプレゼンテーション能力や集団討論などのより発展的な発信力を積み上げていくという構想なのではないかと思います。

 

また1つ時代が動いたような印象を受けます。我々も気を引き締めて、今だけを見るのではなく、時代の流れを感じながら、生徒たちが将来活躍できるような人財になることを見据えて、今やるべき指導を行っていかなければならないと考える次第です。

 

東進衛星予備校 金沢南校 松本

ページTOPへ
facebook