東大セミナー通信

2015.07.03未分類

夏学習!自分の夢に向かって


こんにちは、白山校スクールマネージャーD.Nです。いよいよ夏の長期休暇がすぐそこまで来ています。この時期の学習によって、2学期以降に重大な成績の変化が訪れます。いまから計画をたてていきましょう。

1苦手教科を克服するには

夏学習前には、どの教科のどの分野をどのように学習するかを決めなければいけません。高校3年生にとっては、唯一といっていいほど自由に学習計画を立てることができる時期です。この時期にこそ、自分の苦手分野の征服をするべきなのです。そのためには自分の苦手分野が自分自身で理解されていなくてはなりません。東セミの東進では、センター試験本番レベル模試でまだまだ点数の取れていない分野を生徒と確認しあい、夏の学習計画を立てています。センター本番レベル模試は、既にこの時期にセンターと同レベルの問題に取り組むことによって、受験生に「必死」になってもらうことを目的としています。高校3年生は特に8月に行われる「センター本番」に向かってみんなで必死になっていますよ。

2この夏、夢を探せ!

東進では「大学学部研究会」を8月5日・8月19日に東京のTKPガーデンシティ品川で開催いたします。対象は高校1年生、2年生なのですが、内容は大学の教養課程並みです。高校1年生、2年生にとっては、大学進学はまだ雲をつかむような感じではないでしょうか。大学に対する具体的イメージを持ってもらうためにも、この研究会は魅力ある講座を用意しています。例えば、「再生医療」「高分子」「医工学」「認知脳科学」「宇宙論」「渋滞学」「知識工学」「ロボット工学」や「チャンス発見学」なんていうものまでありますよ。しかも講義をされる先生は、東大や東京医科歯科大、早稲田、慶應大などすごい教授陣がズラリと揃っています。白山校の生徒にもこの機会に是非参加してほしいと思っています。>>お問い合わせはこちらへ

東セミでは、高校1年生や2年生に面談を頻繁におこない、将来の夢や志をはぐくむようにしています。まだ小さな夢や志が多いのですが、いずれは大きな「志望」へと育っていくはずです。「夏」ならではの試みを白山校では、取り組んでいく予定です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岡本先生と進路の相談

 

 

ページTOPへ
facebook