東大セミナー通信

2015.10.01塾長メッセージ

「それでもなお、人を愛しなさい」 ケント...


concept06_image

 

「人生の意味を見つけるための逆説の10カ条」のサブタイトルがついた本を先ごろ手にした。偶然だが、以前にマザーテレサをインターネットで検索した時に出て来たのが、この本で述べられている内容となっている。よってこの10カ条はマザーテレサの言葉とばかり思っていたが、真相は米ハワイ州政府の閣僚だった著者が19歳のハーバード大2年の時に小冊子に記した処世訓10カ条からなる。後にこれを目にしたマザーテレサが感動し、「カルカッタの孤児の家」にその言葉を書き残したことで世界中に広まった。

 

人は生きていく過程で様々な理由で挫折感や絶望感、失望感、無力感などを感ずる瞬間がある。そういった時に著者の言葉は見事に私たちを元気にし、励ましてくれる。これから有意な事をなそうとする人、立志を持って何かをなそうとする人にとって福音となる言葉がここにある。私自身も事を成す上で、対人関係で少し思い患った時、随分勇気をもらったものである。以下にその10カ条を紹介する。

 

1  人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。

それでもなお、人を愛しなさい。
2  何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。

それでもなお、良いことをしなさい。
3  成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。

それでもなお、成功しなさい。
4  今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。

それでもなお、良いことをしなさい。
5  正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。

それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。
6  もっとも大きな考えをもったもっとも大きな男女は、もっとも小さな心をもったもっとも小さな男女によって、撃ち落とされるかもしれない。

それでもなお、大きな考えをもちなさい。
7  人は弱者をひいきにはするが、勝者のあとにしかついていかない。

それでもなお、弱者のために戦いなさい。
8  何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。

それでもなお、築きあげなさい。
9  人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。

それでもなお、人を助けなさい。
10  世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。

それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

SNSでシェアする
ページTOPへ
facebook