東大セミナー通信

2015.12.11学校の様子

東進衛星予備校 高校生の職業選択


 

こんにちは。

東進衛星予備校 金沢南校の大久保です。

先日のブログで12月から新学年として学習をスタートしたことをお伝えしました。

そのスタートを切る生徒ガイダンスで、時事ニュースを紹介しているのですが、

こんな記事を紹介しました。

「10~20年後 日本の労働人口の49%、人工知能・ロボットで代替可能に」

12月2日、野村総研がこの推計を発表したそうです。

さて、ではなぜこのニュースを生徒に話をしたかというと・・・

今の日本、社会だけを考えて職業を選ぶことにはリスクがあるということです

現在の高校生もしくはそれ以下の年齢の子どもが働くことになるのは

高3生であれば5年後。それ以下の年齢であれば、6年、7年、10年以上先になります。

となると、現在就きたいと考えている職業が無くなっている可能性も出てきます。

図1

将来なくなる可能性が低い職業は、自ら創造するような職業がリストに挙げられています。

このリストからは「将来は創造的、クリエイティブな力が求められる社会になるだろう」と予想することもできます。

ぜひ、学生の皆さんはもっと未来を見据えて情報収集、考える力を身につけていきましょう。

ただ、なかなか情報を集めるのも難しいですので、金沢南校では生徒ガイダンスを通して皆さんにお伝えする場を設けています。そして、「どのように社会に貢献したいか考える」機会もありますので、どんどん活用してください!

 

 

 

ページTOPへ
facebook