東大セミナー通信

2016.03.16合格者の声

富山大学合格体験記!


DSC_0358

森下結史くん

金沢錦丘高校(卓球部所属)

富山大学 工学部 知能情報工学科 合格!

立命館大学 情報理工学部 合格!

龍谷大学 理工学部 情報メディア学科 合格!

京都産業大学 コンピュータ理工学部 合格!

金沢工業大学 情報フロンティア学部 メディア情報学科 合格!

 

◆後輩の皆さんへのメッセージやおすすめの東進活用法なども含め具体的に教えてください。 また今後の目標や将来の夢・志もあわせて書いてください。

僕は1年時に入学して3年間東進に通ったんですが、1・2年の時ははっきり言ってかなりの問題児だったんじゃないかと思っています。それを見かねた松本先生の熱心なご指導により、3年の夏ごろからようやく本気になることができました。センター試験が近くなると、ほとんど毎日東進に通うようになり、そこにいる友達からもいい刺激を受け、無事第一志望に合格することができました。合格できたことは素直に嬉しいのですが、もう少し早く本気になれていたら...と少し悔やむところもあります。ですから、1・2年生の人達は、すぐにでも第一志望に向けて勉強してほしいと思っています。もちろん3年生の人達もまだまだ間に合います。今、支えてもらっている友人や先生、家族への感謝の気持ちを忘れずに勉強に励んでください。応援しています!

 

◆東進のおすすめは?

『高速基礎マスター講座』

短期間でかなりの量の単語などを習得することができます。

『過去問演習講座』

量を多く解くことでセンターの傾向がつかめるようになります。

『東進摸試』

2ヶ月に1回というペースであるので試験慣れすることができ、本番に緊張することがなくなります

 

◆夏期特訓・正月特訓に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。

みんなかなり集中した雰囲気なので、自分も集中できる。

 

◆やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?

担任との面談。

 

《担任より》

見事な完全勝利を見せてくれましたね!

受験した大学は全て合格してみせました。

彼は非常にマイペースな生徒で、燃えるような男ではありません(笑)。

しかし、それはそれでいいのです。

彼には燃えるような気質はないけれども、その分、その場の感情にいちいち流されることなく

やるべきことをいつだって冷静に判断し、 実行する能力を持っていました。

そんな彼の勝因は、高校1年生から校舎に通っていたことが大きいでしょう。

 

彼は自分1人ではがんばれないことも分かっていて、1年頑張れば何とかなるほど大学受験は甘くない

ということも分かっていて、だからこそ高校1年生からちゃんと金沢南校に通っていたのです。

指導する側としては、いかに彼の良いところを引き出せるかだったので、なかなか苦戦しましたが

とてもメタ認知能力の高い生徒だったので、予想通りラストスパートは見事でした。

 

「兄が私立の理系大学に行ったから、俺は国公立大に行って親孝行したい。」

(※理系であれば、私立大学は国公立大学の約3倍の学費が必要となります。50万円と150万円)

時折こう呟く彼は、燃える気質はなくマイペースでしたが、とても心優しい生徒でした。

 

森下くん、君がいなくなるのは寂しくなるけど、お互いがんばっていこうね!

また校舎に遊びにきてよね!

 

東進衛星予備校 金沢南校 松本

ページTOPへ
facebook