東大セミナー通信

2013.12.01勉強法

松任・白山校 上見 治郎


concept04_staff08松任・白山校
上見 治郎

k_uemi_02
「自分は何故この仕事をしているのか」と問われたら、迷わずこの答えを言います。
松下村塾で学んだ人物が幕末を支え、松下政経塾で学んだ人物が政界で活躍している背景は優れた師の存在に他なりません。
「社会に貢献する人財を輩出する」この志を達成するために、私自身が常に研鑽を積み、学力的・人間的にも向上し続けていきます。
k_uemi_03
高校時代、成績がひどく落ちこんで自分に限界を引いてしまった経験があります。
しかし、その時にある先生から「お前はやれば出来る。」と言われ続け、諦めずに努力した結果、過去最高の順位を取りました。私自身このような「師」に出会えたからこそ、現在の自分がある。今度は自分がそういった存在でありたいと思い、日々教壇に立っています。
授業や生徒指導で意識していることが「生徒の良い所を見つけ、褒める」ことです。
生徒達には無限の可能性があります。その可能性に気付き、自分の未来に対して前向きに取組めたら素晴らしいことだと思います。

SNSでシェアする
ページTOPへ
facebook