東大セミナー通信

2016.08.20イベントレポート

夏期特訓 ~本番で結果を出すために~


新神田校、川本です。

DSC_0083

今日・明日と、金沢南校で中3・中2生対象「夏期特訓」を行っています。

東セミグループの夏期特訓は、

テスト前・テスト中・テスト後の動きを各科目ごと、真剣に向き合う機会です。

 

石川県高校入試では、

自己採点(もしくは実力)と開示得点(結果)に大きな差が生まれることがあります。

 

その要因は大きく2つ。

1つは記述問題における『採点基準』です。

「正確に主部を明記しているか」「直接的理由・原因が明記させているか」など、

曖昧な対策をしていると、減点もしくは不正解となってしまいます。

 

そして、もう1つが『本番力(精神力)』です。

「難問と向き合ったとき、どのように考えるか」

「焦ったとき、どのように対応するか」 など

『自分の傾向・性格を把握し、対応・対策を知っているか否か』

は、結果を左右する重要なポイントです。

 

スポーツにおいても、活躍する方は、

『自分の傾向・性格を把握し、対応・対策を知っている』

場合が、多いのではないでしょうか。

 

しかし大切ではあるとわかっているにも関わらず、

学習において、精神力と向き合う機会が少ないことも事実。

だからこそ、周りと大きな差をつけるポイントにもなります。

 

特訓後の生徒、その動きが楽しみです。

ページTOPへ
facebook