東大セミナー通信

2017.04.23大学合格者のメッセージ

2017年度大阪大学現役合格!


谷口凌亮くん

金沢錦丘高校(バスケットボール部所属)

大阪大学 工学部 電子情報工学科合格!

同志社大学 理工学部 インテリジェント情報工学科 合格!

 

◆後輩の皆さんへのメッセージやおすすめの東進活用法なども含め具体的に教えてください。 また今後の目標や将来の夢・志もあわせて書いてください。

東進に通い始めたのは中3の冬でそのときは阪大を目指すなんて、ましてや阪大に合格できるなんて思ってもいませんでした。はじめのうちは勉強なんか面白くないし面倒くさいし遊びたいと思っていました。でも、東進の受講や高速マスターを進めていくうちに勉強の楽しさや面白さがわかってきました。また、先生方の熱心な指導のおかげもあり、勉強に打ち込めるようになりました。合格した今は達成感に満ち溢れ気持ちにゆとりを持って過ごせています。しかし、センター前、二次試験前、合格発表前には不安で不安でしかたがない毎日でした。そんなときに僕を支えてくれたのがともに勉強してきた友達やお世話になった親です。友達や親の存在があったからこそ合格できたといっても過言ではないと思います。大切にしてください。僕の後悔は高速マスターを先延ばしにしてしまったことです。1800はすぐにしておくべきだし早めに完璧にしておくことが一番です。東進の先生との面談を生かして自分の苦手をいかにつぶしていくかはとても重要だと思います。受験生、頑張ってください。

 

◆東進のおすすめは?

『担任指導』

松本先生との面談が最高にいい。

面談では「その計画で自分の目標を達成できるか」だけを問われて、真剣にどうやったら目標が達成できるのかを考えることができました。

 

◆やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?

どうしてその大学に行きたいのかをよく考えてみること。

 

《担任より》

私のかわいいかわいい教え子で、3年間みっちり指導させていただきました。

とにかく素直で、真面目で、まっすぐで、優しい、そんなかっこいい生徒でした。

部活後には、とにかく演習をこなして成績アップを図るために、高1・2のときに

「苦手を作らずに前に進む」を大切にしました。

やはり英数が高1・2時点でセンターレベルに対応できるようになっていたことは大きいですね。

見事な合格劇でした!本当におめでとう!

 

衛星・個別ブランドディレクター

東セミグループ松任校・東進衛星予備校白山校教室長 松本

ページTOPへ
facebook