東大セミナー通信

2017.11.23未分類

これからの時代に求められる力について~大...


こんにちは。東セミグループ御経塚・野々市南校の安部です。

最近、地域統一テストや総合模試があり、テスト疲れをしている生徒が多く見受けられますがいかがお過ごしでしょうか。今後のテストに向けて、自分の課題を克服しようと努力する時期でもあります。

 

今回、このテーマを設定し、大学入試改革を取り上げたことには理由があります。それは、現中3生、つまり今の受験生がその改革に携わる第一世代だからです。最近、ニュースや新聞で、大学入試改革について取り上げられていますが、「なぜこのタイミングなのか。」「なぜ大学入試改革があるのか。」皆さまは、疑問に思ったことはありませんか?

この理由が、今後、子どもたちが社会人になって求められる力に直結します。

それでは、なぜ大学入試改革をするのか。時代の背景から核心に迫っていきます。

 

~時代の急速な変化について~

皆さん、現在の携帯電話の普及率は知っていますか?今現在、普及率は約110%となっています。乳幼児からお年寄りまで、一人一台は持っているという計算になります。これが、20年前はなんと、約10%です。10人に1人しか携帯電話を持っていない計算になりますね。このように、IT化が時代の変化とともに急速に進んでいます。AIも取り入れられ、週に人間が15時間しか労働しなくても良い時代が来るとも予想されています。

また、65歳以上の高齢者を支える生産年齢人口について、現在は約3人で、20年前は約5人でした。20年後には、この人口が、1.7人になると言われています。高齢者1人に対して、1人の労働者が支える時代もそう遠くはありません。時代が進むとともに、高齢者を支える労働者の負担が多くなります。

 

~今後、社会で求められる力とは~

将来、日本の社会で求められるのは「一人一人の生産性を上げること」です。生産年齢人口が減少していく中で、多様な価値観・文化・人種と共生しあい、「生きる力」が必要になります。その力を身に付けるために行われるのが、「高大接続改革」そして「大学入試改革」になります。それに伴って、高校受験の試験にも、見たことがないような問題が出る可能性があります。今まで、知識だけで点数を取れていたものが、知識があることを前提に、考える力、そしてそれを文章・言葉で発信する力が必要になります。

 

東セミの御経塚校では、「高校合格必勝ガイダンス」を実施しました。保護者の方・生徒に向けて、今後の勉強法や大学入試改革の情報を等を共有致しました。東セミでは、大学入試改革に伴い、英語4技能トレーニングや東進の講座で、これからの変化に対応していきます。東セミの講座・講習を上手く生かして、勉強していきましょう!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SNSでシェアする
ページTOPへ
facebook