東大セミナー通信

2018.01.16勉強法

入試本番までにやるべきこと


皆さんこんにちは。東セミグループの安部です。

石川県で、滅多にない量の積雪がありましたね。そんな雪や寒さに負けないよう、体調管理が大事になってくる時期でもあります。

今回は、入試本番までに受験生がやるべきこと・心構えについてお伝えします。今までのブログでも勉強で大切な事が書かれています。しかし、中学生の地域統一テスト・総合模試や高校生のセンター試験が終わった今、結果に一喜一憂している生徒が見受けられます。中学生においては、公立高校入試まで2か月を切っていますよね。では、今から受験生が何をしなければいけないのでしょうか?最も大切な事をお伝えします。

 

【総合模試・地域統一テストからの自己分析】

これから受験生がやるべきことは、「テストの結果から自己分析をすること」です。そして、自分の出来ていない部分と今から点数を伸ばしやすい所を考え、残りの期間の計画を立てる。これによって、具体的にテストの結果を振り返り、自分のやるべきことを明確にすることが出来ます。当たり前なことかもしれませんが、凡事を徹底し、毎回のテストから自己分析している生徒は多くはないと言えるでしょう。逆に、それをしている生徒は確実に点数が上がっています。テストでは、自分の出来ている所と出来ていない所がはっきり分かりますが、ではどのようにこれから勉強していけばいいのか分からないという人がいます。それの解決策としては、先生に相談するというのも手の一つです。しかし、勉強だけではないのですが、まずは自分自身でこれからの課題を考えてみることが大切です。そして、結果的に、自分のやるべきことから具体的に行動を変えること。特に、理科社会の知識面が抜けている人は、基礎からもう一度見直し、確実に基本的な問題を取れるようにすることが大切です。残りの受験までの期間、一分一秒無駄にしない。そして、時間の質を上げるために、自己分析は必ずしましょう。

 

【最後に】

受験というのは、「人生の通過点」でしかありません。高校受験が終われば、大学受験があり、それが終わると就職試験があります。受験というのは、社会に出たとき、自ら問題や課題を発見し、解決していこうと行動する力を身に付ける機会になります。目の前の試験に集中することを大切ですが、3か月後、1年後・・と将来の事を念頭に置いて、日々生活していきましょう。

 

 

 

SNSでシェアする
ページTOPへ
facebook