東大セミナー通信

2019.11.05塾長メッセージ

チャンスは準備された心にのみ降り立つ


 

「チャンスは準備された心にのみ降り立つ」

 

この言葉を初めて聴いたのは

先日新潟県上越市で開催された

ロータリーの地区大会であった。

 

話されたのは88歳の医師で

世界のトップの代理として出席された。

 

この方は渡辺好政さんといい

岡山県の児島市に

医療法人のトップとして今も活躍されている。

 

以前にも

「コメンスメント・エクササイズ」という

英語の意味およびその言葉の意義を

私に教えてくださった方である。

 

それは「卒業」を意味するが、

文字通り「実習の始まり」が直訳である。

すなわち卒業は

次の実習の始まりでもあるわけだ。

 

私たちの人生は卒業と実習の

始まりの連続ということができる。

 

著名な故日野原重明医師は

100歳を超えるまで現役を続けられたが、

氏の好んだ言葉でもあった。

 

この渡辺好政さんが今度は

「チャンスは準備された心にのみ降り立つ」

というパスツール(細菌学者)の

言葉を紹介してくださった。

この言葉は英語の

「Chance favors The prepared mind」

の訳である。

 

「備えあれば憂いなし」と

訳されることもあるようだが、

そのまま訳した方が味わい深い。

 

チャンスは平等に私たちの前に立ち現れるが

それを捕まえられるかどうかは

偏に私たち自身にかかっている。

世の中には信念をもって日々活躍している人が

沢山いるが、押しなべてそれに相応しい言葉を

持っているように思う。

 

素敵な言葉に出会えると不思議と元気になる。

怠惰で、ともすれば低きに流れようとする自分を

鼓舞し、力を与えてくれる。

 

 

 

SNSでシェアする
ページTOPへ
facebook