東大セミナー通信

2020.01.31保護者通信

今月の◯◯―2020/02―


注目イベント

新高1生対象

「 高1・1学期先取り特訓講習」


 

 

「高1・1学期先取り特訓講習」とは、

東進衛星予備校に通ったことがない人が

無料で受講できる特別講習のことです。

 

今の中3生は

高校入試のために頑張って

勉強していると思います。

 

けれど、「高校入試が終わった後」の

春休み期間は勉強をしなくなる人が多くなります。

この期間に勉強するかしないかで、

他の人と差がつくとも言われています。

 

「今は受験に集中」だけれども、

「受験が終わった後にどう勉強するか」

も、心の片隅に留めておくのはいかがでしょうか。

 

「高1・1学期先取り特訓講習」に関する

お問い合わせは、

お通いの校舎または東大セミナー総合受付

(0120-1586-37)へご連絡ください。

 

 

 

今月の言葉


 

教育というのは、

仲よしの間で行われるものではなく、

格闘技です。

人を育てる時は刺し違えるぐらいの殺気でやる、

これが「本気」ということなのです。

 

(中谷彰宏)

 

 

おススメ本

「働き方の哲学

   360度の視点で仕事を考える」


 

 

著:村山昇  (著), 若田紗希 (イラスト)

(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

価格: 2,860(税込)

 

仕事って何?

働くって何?がわかる!

 

多くの労力と時間を捧げる仕事現場では、

いろいろなことが起こります。

 

それは顧客からのクレーム、

職場の人間関係、

業務上のトラブルなど、様々なものがあり、

厳しい内容のものが多いのではないでしょうか。

 

けれども、同じ現場に直面しても

奮起する人もいれば、やる気をなくす人もいます。

そのような違いが出てくるのは何故でしょうか?

 

それは、

「今目の前で起こっている出来事を

 どのように解釈するか」が

人によって異なるためです。

 

例えば、建築現場でレンガを積む仕事を

「単なる作業」として捉えるか

「後世に残る町の大聖堂を作っている」

捉えるかで

仕事への取組み方や、気持ちが違ってきます。

 

このように本書は

「仕事をしていく上で

健全な物事の捉え方とは何か」について

イラストや図、ワークシートなどを用いて

大人はもちろん、

中高生でもわかりやすい形で示されています。

 

保護者様・お子様ともに本書を読み、親子一緒に

「将来、どういう風に社会で活躍するのか」

「働くこととはどういうことなのか」を

考えるきっかけにされてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

編集後記


 

泣いても笑っても、

入試が終わるまであと少しですね。

既に、推薦入試などで合格した人は

おめでとうございました。

 

日々の手洗い・うがいで体調管理を

することは勿論、

大学の2次試験などで、

遠方の学校を受験される際は、

気候の違いにもお気をつけください。

太平洋側の冬は、乾燥しています。

 

SNSでシェアする
ページTOPへ
facebook