東大セミナー通信

2020.03.02塾長メッセージ

「人生の解釈力」


 

 

生きていると様々なことに出くわす。

その中には自分にとって

思い通りになり喜ばしく好ましいこともあれば、

そうでなく奈落の底に落ちるような

辛い思いを抱くこともある。

むしろ、後者のほうが多いかもしれない。

いわゆる「順境」と「逆境」である。

人生全てが「順境」であれば

こんな幸せなことは無いが、

そう容易く問屋が卸さない。

 

ところで何が「順境」で何が「逆境」かは、

厳密に考えると難しい問題であることに気づく。

短期的には「逆境」でも

長期的には「順境」だったと

言えることもある。

企業経営で言えば大きな赤字を出し、

資金繰りに窮することなどは

一見すると大変な困難であり「逆境」であるが、

画期的なイノヴェーションは

大概このような時期にこそ生まれる。

 

そう考えると赤字で苦しんだことが

単なる「逆境」であったのではなく

実は大きな変革を成し遂げる

チャンスをもたらしたことになる。

まさに「ピンチがチャンス」である。

すこし大げさかもしれないが

人生で起こることは概ね

コインの裏表のような

表裏一体の関係に意味づけることができる。

 

受験における失敗もそれは一時のことであり、

それをバネに捲土重来を

期することも大いに可能である。

「二度と先の失敗の轍を踏むまい」の

強い決意で取り組めば大いに期待がもてる。

「人間万事塞翁が馬」の故事のとおり、

人間業で予測できないことが多い世の中、

目の前のできごとに前向きな「解釈力」を

発揮して生きることが大切ではなかろうか。

 

 

 

SNSでシェアする
ページTOPへ
facebook