リクルート

採用に学力試験は
行いません。

教育から「共育」へ。
東大セミナーが知りたいのは、
あなたの知識や学力ではありません。
つまずきを経験することで培われた
「人間力」です。

くやしい思いをした、
君が欲しい。

『くやしい』と思えたのは、
〈本気〉になれたから。
ものことに本気で向き合えた経験は、
くやしさを乗り越える〈強さ〉になる。
その強さはやがて、他の誰かの『くやしい』にも
心から〈共感〉することができる
優しさになる。

これまで生きてきた経験の中で、
どのような『くやしい』 思いを
してきましたか?
どのように、それを乗り越えてきましたか?
是非、私たちにそのエピソードを
聞かせてください。

[先輩社員のエピソード #1]

阿部 梨沙/2017年入社

Q.自分にとって『くやしさ』とは?
A.新たな自分へと変わるための「起点」です。
Q.学生時代
くやしかったことは?

A.小学生から高校生まで、私の夢は「獣医」でした。ずっと憧れ、獣医として働く自分の姿を思い描いたりしていたのですが、やがて高校3年生の秋、自身の力の限界と直面する出来事がありました。その時点で、夢を実現するための志望校を受験することすら叶わなかったのです。自分の力が足りない、それだけで夢が崩れ去ってしまった。激しく後悔し、過去の自分を何度も責めました。今まで生きてきた中で、最も悔しさと絶望を感じた出来事でした。

Q.どう乗り越え、
活かしていますか?

A.「獣医」という夢が潰えてしまったことは、本当に辛く悔しいものでした。しかし、全てが終わったわけではありません。むしろここを新たなスタート地点にしよう、と気持ちを思い切って切り替えることで、次の目標に向かって乗り越えていくことが出来ました。現在も、上手くいかない時や、力のなさを痛感した時には、それを新たな自分に変わるための「起点」だと捉えることで、自身のさらなる成長へと繋げていくように心がけています。

[先輩社員のエピソード #2]

塩野 雄貴/2016年入社

Q.自分にとって『くやしさ』とは?
A.絶対に諦めない強い自分と出会う「きっかけ」です。
Q.学生時代
くやしかったことは?

A.学生時代、自分の夢・目標を見つけられず、もがいていました。向上心は人一倍あるものの、将来どのように社会貢献していけば良いのかが全く定まらなかったのです。
そのため、就職活動ではとても苦労しました。いろんな業種の企業を訪問させていただきましたが、どこもしっくりくることはなく、途方に暮れる毎日でした。周りの友人はやりたいことを見つけ、夢へと進んでいるのに、自分にはまだそれがない。そのことが、とても悔しかったですね。

Q.どう乗り越え、
活かしていますか?

A.しかし、そこで気付きました。自分は「夢を見つけること」に強い情熱を持っている、そして夢とは、他者の力も借りながら、一緒により良い方向へ向かっていくものだということです。結局、学生時代は自分の夢は見つけられませんでしたが、その悔しさをきっかけに、諦めずに視点を変えたことで「夢を見つけられず、悩んでいる人を助ける仕事がしたい!」と思うことができました。そして、縁あってこの会社と出会い、お仕事をさせていただいています。

[先輩社員のエピソード #3]

宮城 咲希/2016年入社

Q.自分にとって『くやしさ』とは?
A.強みを発見し成長するための「バネ」です。
Q.学生時代
くやしかったことは?

A.幼いころから文学に興味があり、近代文学の勉強がしたくて、文学部を志望していました。しかし、高校から先(大学や就きたい職業などの今後の人生)を見据えることができておらず、勉強よりも部活中心の生活でした。部活が終了してから勉強に励み、志望していた学部の大学には合格できたのですが、県外ということで進学させてもらえず、県内の大学に進学しました。自分の中に確固とした展望がなかったためだと、悔しい思いをしました。

Q.どう乗り越え、
活かしていますか?

A.「大学生の間にしかできないことがある」と気持ちを切り換え、学業以外のことにも積極的に取り組みました。サークル活動、学生団体の活動や文学関係の仕事のお手伝い、学生ボランティアの活動などを通して、自分の新たな強みを発見することができました。この経験から、「道は一つではない。たとえ無理そうなことがあっても挑戦することで次につながっていく。」今はその言葉を伝えながら、生徒に最後まで寄り添う指導を心がけています。

[先輩社員のエピソード #4]

大木 俊洋/2013年入社

Q.自分にとって『くやしさ』とは?
A.理想の自分へと成長させてくれる「原動力」です。
Q.学生時代
くやしかったことは?

A.高校時代、サッカー部と軽音楽部、バンド活動の3つを掛持ちしていました。一時期はバンドに専念しており、サッカーは休部していたのですが、その後復帰することになりました。もともとレギュラーだったこともあり、復帰して間もないにも関わらず先発として起用されました。しかし、試合では全く体が動かず、中途半端な気持ちで戻ってきたことや、満足するプレーが出来ずに、メンバーに迷惑を掛けてしまったことが悔しく、強く心に残りました。

Q.どう乗り越え、
活かしていますか?

A.復帰戦での失敗を挽回するために、再び復帰する時期とプレーへの目標を明確にし、そのために必要なことは何かを考えました。そして、それを確実に実行することで、胸を張って仲間と合流することができました。この体験を通して、常に「ビジョンを持つこと」、それを達成するために
「必要な行動を明確化すること」、そしてそれらを「やりきること」の大切さを学びました。この学びは、社会人となった今も、仕事をする上で活きていると感じています。

「いっしょに強くなる塾」だから充実の研修で、社員も強くなる。

東大セミナーが生徒や保護者の方へ発信しているテーマの一つが「いっしょに強くなる塾」です。
社員教育に対しても同様の考え方・取組みを実践しており、共に学び成長することが不可欠だと考えています。
社会人として、東大セミナーのスタッフとして、自信を持ってスタートラインに立てるように、充実した新入社員研修を実施しています。

POINT

◎新入社員研修

入社後1ヶ月は、本部で研修をして教室業務に入る前の事前準備を行います。 授業の進め方や面談の仕方もこの研修でレクチャーします。 同期揃っての研修ですので、一緒に頑張る仲間同士で心強く取り組めます。 配属後も1年間は、週に1回の本部研修を実施し、毎週の業務の振り返りとフォローを行うので、1人で悩みをかかえることなく過ごすことができます。

POINT

◎ベーシック研修

外部講師を招き、社会人に必要な仕事の心構えや考え方について、しっかりと学んでいただきます。社会人として大切な思考法やふるまい方を教えてもらうことで、職場の雰囲気がよくなったり、周りを上手く巻き込んで仕事ができたりすることができるようになります。

POINT

◎教室長研修

教室長にキャリアアップした際は、教室長が集まり、教室ごとの現状の課題・悩み・施策を共有します。 教室長になっても孤立せず、横のつながりの中で互いに相談しながら成長できる環境です。

POINT

◎マナー研修

学習塾は教育業であるとともにサービス業です。 学習塾でありながら、身のこなし方が一流だと格好良いと思いませんか? 私たちは、業種に関わらず一流のサービスを提供できるように、外部講師によるマナー研修を行っています。

POINT

◎授業・面談研修

授業や面談の研修については、日々のミーティングの時間を活用しながら、模擬授業やロールプレイングを行います。自身の授業・面談内容の振り返りとともに、他の人の優れたところからも学び、シェアできる絶好の機会です。
また、外部講師を招いての年2回の研修も予定しています。

存在意義
Mission

株式会社 日本エルデイアイは、進学塾の運営を通し「自修自得の精神」を持った人材を輩出することによって、地域社会に貢献する。
「自修自得」とは自ら問いを発し、自ら答えることをいう。すなわち、自ら問題・課題を発見し、自ら解決することである。

価値観
Core Values
1.品行方正・倫理観
わたし達は、常に身なり・言動に気を配り、社会の一員として信頼されるよう自覚をもって行動します。
2.ホスピタリティと
クイック・レスポンス
わたし達は、誰の声にも真摯に耳を傾け、誠意と正直さ・真心をもって、迅速に対応します。
3.オープンな組織
わたし達は、透明性が高い組織を目指し、ネガティブな情報も隠蔽せず、顧客や組織に嘘をつきません。
4.切磋琢磨・フィードバックと
リフレクション
わたし達は、多様な個性とお互いを認め合う精神・行動を尊重します。相手に対する期待の現われとして、積極的にお互いの改善点を指摘し合い、継続的にその振り返りを実施します。
5.企業家精神・自主性
わたし達は、各自が事業主のように組織全体に対し関心を持ち、自身や組織の成長による変化を尊重し、そのために向上心をもって学び、すべての業務に自律性と責任を持って取り組みます。
6.チャレンジする精神
わたし達は、組織や社会からの要請以上の価値を積極的に見出し、その積極的な行動の結果での失敗は、個人・組織・社会の財産と捉え、業務や生徒応対に臨みます。
目指す姿
Envision Future

教育によって子供の可能性が広がると信じている保護者、教育により身に付けたものこそ最大の財産であると確信している保護者・生徒・その他地域の人々から、信頼されている進学塾。また社員がそのような進学塾(会社)に勤務することに矜持をもち、自分の子供をぜひ東大セミナーに入れたいと強く願う学習塾を目指す。

ヴォイス
Voice
1. 人の存在価値を認める
人は存在するだけで価値がある。その人にしか叶えられない使命を持って生まれてきている。21世紀の共生時代は一人ひとりの存在価値を相互に認め、その良いところを尊重しあう社会である。私たちの仕事(ミッション)は生徒の指導において、生徒自身の良いところを引き出すお手伝いをさせていただくことにある。
2. 学びの意義を伝える
「学ぶ」は「真似ぶ」から来ている。自身の潜在能力を引き出し、開発して世の中(社会)に貢献することが学びの眼目である。学びを通して社会に貢献することで自身の存在価値・重要感を自覚するのである。学びによってボケーション (使命)が見出せれば、教育の目標の大半は成就したといえる。
3. 本気・やる気を引き出す
本気・やる気を引き出すには、高い目標が必要である。「努力すれば報われる」という事実を積み重ねることで達成感を持ち自信に繋がる。「生徒の可能性を心から信じ、支援の手を差し伸べ、可能性を信じていることを伝えていれば、やる気が出ていっそう努力をするようになり(自己成就予言)、その可能性を発揮できるようになる」。生徒の人間としての存在価値を認め、学びの意義を伝えることで、本気・やる気を引き出すのである。1・2・3は一体として機能する。
正社員
職 種
集団指導・個別指導 
教室運営・管理
資 格
大卒以上 22歳~30歳位 
※経験者優遇します。
給 与
当社規定により優遇 
初任給(大卒) 220,000円
勤務時間
13:00~22:00
休 日
休日・勤務曜日とも応相談です。
時間講師
資 格
大学生、大学卒業生
※社会人、主婦の方も歓迎しております。
(週1回でも可)
※その他、質問対応や授業前後の対応、イベント運営サポート、
ミーティング、電話応対、清掃、教室運営業務など
仕事内容
■クラス指導 
集団クラス(15名程度)の指導を行います。
■個別指導  
生徒2名に対して講師が1名つき個別指導を行います。
※その他、質問対応や授業前後の対応、イベント運営サポート、
ミーティング、電話応対、清掃、教室運営業務など
勤務時間
平日16:30~21:30、土13:00~21:30の間で2時間以上
※週1日でも可。週2日以上勤務大歓迎!
※講習期間は、勤務時間が異なります。
給 与
1授業(80分の場合)クラス1,893円~ / 個別1,200円~
クラス授業時給 1,420円~(入社後3か月間は研修期間として1,180円)
個別指導時給  900円~(入社後3か月間は研修期間として800円)
※授業前、終業後の質問応対やミーティングなどのお時間についても給与をお支払いいたします。
(業務時給として時給800円)
※交通費は社内規定に基づき、実費支給(月額1万円まで)
応 募
随時受け付けております。
電話連絡の上,履歴書(写真貼付)を持参下さい。
※受付時間 10:00~19:00 076-245-2525
担当:山本までお気軽にお問い合せください。

エントリーフォーム

採用についてのお問い合わせ、エントリーはこちらから

企業情報

こちらもあわせてご覧ください

リンク

リクナビページにも情報が掲載されています

TOPへ戻る
facebook
お問い合わせ