夏期講習で12時間 - 金沢市・野々市市・白山市の学習塾 - 東大セミナー
2014.08.02イベントレポート

夏期講習で12時間


ハードな夏期合宿が終了し、夏期講習がスタートしました。

写真の二人は夏期合宿でもしのぎを削ったEくん(泉中)とIくん(高岡中)です。
Eくんは同じ泉中のIくんとともに、10時前~22時の校舎閉校まで12時間以上も校舎で頑張っていて、新神田校の中3生を引っ張っています。

12時間ということは、、、、、
彼らも、私も家族と過ごす時間よりも長く一緒にいることになりますね。
彼らのやる気を継続させ、他の生徒にも波及させるのが我々の使命です。

EくんとIくんのおかげで、校舎がいい雰囲気になっています。

    新神田校 米田OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SNSでシェアする
カテゴリ
 

【記事監修者】塾長 柳生 好春


1951年5月16日生まれ。石川県羽咋郡旧志雄町(現宝達志水町)出身。中央大学法学部法律学科卒業。 1986年、地元石川県で進学塾「東大セミナー」を設立。以来、37年間学習塾の運営に携わる。現在金沢市、野々市市、白山市に「東大セミナー」「東進衛星予備校」「進研ゼミ個別指導教室」を展開。 学習塾の運営を通じて自ら課題を発見し、自ら学ぶ「自修自得」の精神を持つ人材育成を行い、社会に貢献することを理念とする。

ページTOPへ
X facebook