国公立大学 二次試験について | 東大セミナー

東大セミナーブログ

2021.04.18入試対策

国公立大学 二次試験について


みなさんこんにちは。

東大セミナーの大木です。

 

この春も多くの新高校1年生が

高等部での学習を開始し、

いよいよ春の活気が校舎にあふれてきました。

 

そこで今回は、

大学入試の形式についてお話し致します。

 

なお、国公立大学入試には、

指定校推薦、AO、公募推薦、

一般入試と数多くの方式がありますが、

今回は一般入試に絞ってお話し致します。

 


目次

1 国公立大学入試制度(一般入試)

2 国公立大学二次試験の位置づけ

3 重点科目・総得点に占める2次試験配点割合

4 志望校合格に向けて、

  最短かつ最も効率の良い学習戦略を


 

 

 

1 国公立大学入試制度(一般入試)


 

国公立大学の一般入試は、

2つの試験の合計得点によって

合否判定されます。

 

一つが、高校3年の1月に実施される

大学入学共通テスト、そしてもう一つが

同2月に実施される2次試験です。

 

大学入学共通テストは、

全受験生が同じ問題を解く

マーク形式の試験です。

 

基本的には5教科を受験し、

900点満点の試験ですが、

配点や科目は大学側が自由に設定・変更できます。

 

2次試験は、原則記述形式の試験で、

受験する大学や学部によって問題内容が異なります。

 

受験科目や配点に関しては、

大学側が自由に設定できます。

 

 

例えば金沢大学人間社会学域法学類の場合は、

共通テストが400点、2次試験が600点、

合計1000点満点で合否を判定します。

 

一方で富山大学人文学部の場合は、

共通テストが450点、2次試験が400点、

合計850点満点で合否を判定します。

 

このように、国公立大学の一般入試では、

生徒によって配点や重点科目が異なるため、

個別具体的な学習戦略が非常に重要になってきます。

 

 

 

 

2 国公立大学二次試験の位置づけ


 

一般的に、大学入学共通テストよりも

2次試験の方が、難易度が高く、

難関大学であればあるほど、

2次試験の結果が合否に大きな影響を与えます。

 

例えば東京大学の場合は、

受験者間で点数差がつきにくい

大学入学共通テストの配点を110点に変更し、

二次試験の配点を440点に設定しています。

 

したがって、大学レベルに比例して、

2次試験対策の重要性は増していきます。

 

そうすると、難関大学を受験する場合は、

共通テストレベルの学習を早期に修了させ、

いちはやく2次試験対策を開始していくことが

重要になってきます。

 

 

 

3 重点科目・総得点に占める

  2次試験配点割合


 

例えば上記2の例の場合、

金沢大学人間社会学域法学類は、

合計得点1000点のうち、

英語が400点で配点の40%を、

数学と国語が200点ずつで

それぞれ配点の20%を占めています。

 

一方で富山大学人文学部の場合は、

合計得点850点のうち、

英語と国語が300点ずつで

それぞれ配点の約35%ずつを、

数学と社会が100点ずつで

それぞれ配点の約12%ずつを占めています。

 

そうすると、この2つの大学を比較しただけでも、

重点科目は変わってきます。

 

また、総得点に占める2次試験の配点割合も、

前者が60%であるのに対して、

後者は約47%となり、

大学入学共通テストと2次試験の

どちらを優先するかも変わってきます。

 

 

 

4 志望校合格に向けて、

  最短かつ最も効率の良い学習戦略を


 

以上のように、国公立大学の一般入試では、

生徒一人ひとりに合った

最短かつ最も効率の良い学習戦略を考え、

実行することが何よりも大切です。

 

そのために、

高等部の東進衛星予備校部門では、

毎月1回の生徒面談、

週に1回のグループミーティング、

模試毎の帳票返却面談を実施することで、

何度も何度も生徒と話をし、

彼らの第一志望校合格に向けての戦略を

作成・修正し続けていきます。

 

その過程で、学部の情報や職業の話、

重点科目や2次試験配点割合の話を伝えていき、

生徒自身が大学入試の意義や学部の特性、

自身のキャリアについて考えられるようにし、

大学入試の仕組みや戦略についても

理解が深まるように指導しています。

 

高校入試が終わったばかりで、

少しゆっくりしたい気持ちもわかりますが、

みんなが休んでいるときこそチャンス!

 

この春いち早く大学入試に向けたスタートを切り、

3年後の自分に大きなアドバンテージを

プレゼントしましょう!

 

 

 

夏期講習のご相談・お申込みはこちら
SNSでシェアする
夏期講習のご相談・お申込みはこちら
ページTOPへ
facebook
           お問い合わせ・お申込みはこちら