9/21附属・泉丘・小松高突破模試の様子 - 石川県金沢市・野々市市・白山市の学習塾 - 東大セミナー
2020.09.30イベントレポート

9/21附属・泉丘・小松高突破模試の様子


皆さんこんにちは。東大セミナーの篠原です。

9月21日(月・祝)今年度第2回目、

中3生を対象とした

「附属・泉丘・小松高突破模試」が

開催され、東大セミナー生を含めた

約110名が会場で受験しました。

 

 

 

新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、

来場時に受験生全員の検温・手指の消毒を実施、

座席の距離の確保と会場内の換気、

スタッフ・受験生全員のマスク着用の上で実施しました。

 

 

「附属・泉丘・小松高突破模試」は

石川県の中学生たちが、多くの良問・難問、

そして、これから求められる

思考力・表現力・発信力を問われる問題に

触れる機会として行っています。

 

普段のテストよりも問題が難しく、

思っていたよりもいい点数が

とれなかった人も居るかもしれません。

けれども、その悔しさをバネに

しっかりと振り返りを行ってほしいと思います。

 

今回受験してくださった皆様、

誠にありがとうございました。

 

帳票返却面談は、10月9日(金)~

始まります。

どうぞよろしくお願いいたします。

SNSでシェアする
春期体験講習のご相談・お申込みはこちら
カテゴリ
 

【記事監修者】塾長 柳生 好春


1951年5月16日生まれ。石川県羽咋郡旧志雄町(現宝達志水町)出身。中央大学法学部法律学科卒業。 1986年、地元石川県で進学塾「東大セミナー」を設立。以来、37年間学習塾の運営に携わる。現在金沢市、野々市市、白山市に「東大セミナー」「東進衛星予備校」「進研ゼミ個別指導教室」を展開。 学習塾の運営を通じて自ら課題を発見し、自ら学ぶ「自修自得」の精神を持つ人材育成を行い、社会に貢献することを理念とする。

ページTOPへ
facebook