仕事で要求される能力 - 石川県金沢市・野々市市・白山市の学習塾 - 東大セミナー
2008.03.01塾長ブログ

仕事で要求される能力


先日、リクルートのセミナーを覗く機会があった。立ち聞き程度であったので、詳しくは分からないが、これから転職を考える上で必要な能力は、以下の三点であった。
一 目標設定能力
  目標はさまざまな形・経緯で設定されるが、これからは自分で目標を定め、それを達成することが求められる。目標達成のために必要なことを自分で考え、実行する能力が重要である。
二 継続的学習能力
  転職にあたっては、過去の経験・知識はほとんど役に立たない。かつての成功体験も有益ではなく、新しい職場では通用しないと考えたほうがよい。必要なのは、新しい職場で求められる能力を磨くための継続的な学習能力があるかどうかである。
三 コミュニケーション能力
  自己を表現し、相手を理解する能力であるが、特に相手の話を聴く能力が重要である。相手の話を聴くことは、カウンセリングの要諦であり、円滑に仕事を行う上で必須である。
以上である。上記の三点は仕事のみならず、学習においても該当すると思われる。三について特にひとつ。ときに雪を頂く白山が春の陽光に輝く姿に感動するが、白山を真に理解するには、こちらから近づき、さては自ら登るほかない。あたり前であるが、白山は私たちに向かって近づいてくるわけではない。往往にして私たちは気づかないうちに白山の方から歩み寄って来てほしいと願っているのではないか。

SNSでシェアする
春期体験講習のご相談・お申込みはこちら
カテゴリ
 

【記事監修者】塾長 柳生 好春


1951年5月16日生まれ。石川県羽咋郡旧志雄町(現宝達志水町)出身。中央大学法学部法律学科卒業。 1986年、地元石川県で進学塾「東大セミナー」を設立。以来、37年間学習塾の運営に携わる。現在金沢市、野々市市、白山市に「東大セミナー」「東進衛星予備校」「進研ゼミ個別指導教室」を展開。 学習塾の運営を通じて自ら課題を発見し、自ら学ぶ「自修自得」の精神を持つ人材育成を行い、社会に貢献することを理念とする。

ページTOPへ
facebook