東進衛星予備校 礼儀を重んじる - 石川県金沢市・野々市市・白山市の学習塾 - 東大セミナー
2014.10.28教室の様子

東進衛星予備校 礼儀を重んじる


CIMG3877

めっきり寒くなってきたためか、風邪気味の人が増えてきたように思います。
寒いと思ったらすぐ着込む!手洗い、うがいを徹底する!
皆さんこんばんは、金沢南校の松本です。

さて、本日は礼儀について。
写真の生徒、いい感じですね。
部活をしながら塾に通って、かつ礼儀を正しい。素敵ですね!

やはりどれだけ勉強ができたとしても、礼儀がなっていなければダメだと思います。
礼儀といっても、そんなに難しいことではありません。

・挨拶をすること
・目上の対して敬語を使うこと
・他の人に迷惑をかけるような行動はしない

この3つぐらいはできるようになってほしいものです。
我々の教育目的は「学習を通して、社会に貢献する人財を育成すること」です。
ですから、成績だけを伸ばすことが仕事であるわけではないのです。

人として立派になってもらうことの方がよっぽど嬉しいことです。
「あの校舎に通ってて本当に良かった」と
成績面以外でも言ってもらえるような、そんな校舎にしたいと考えています。

金沢南校 松本

SNSでシェアする
春期体験講習のご相談・お申込みはこちら
カテゴリ
 

【記事監修者】塾長 柳生 好春


1951年5月16日生まれ。石川県羽咋郡旧志雄町(現宝達志水町)出身。中央大学法学部法律学科卒業。 1986年、地元石川県で進学塾「東大セミナー」を設立。以来、37年間学習塾の運営に携わる。現在金沢市、野々市市、白山市に「東大セミナー」「東進衛星予備校」「進研ゼミ個別指導教室」を展開。 学習塾の運営を通じて自ら課題を発見し、自ら学ぶ「自修自得」の精神を持つ人材育成を行い、社会に貢献することを理念とする。

ページTOPへ
facebook