大学 記述模試の活用 - 石川県金沢市・野々市市・白山市の学習塾 - 東大セミナー
2014.11.02教室の様子

大学 記述模試の活用


こんばんは☆

東進衛星予備校白山校の大久保です☆

今日は以下3つの記述型の模試が実施されました!

第2回北大本番レベル模試

第2回阪大本番レベル模試

第2回九大本番レベル模試

CIMG3880

先日のブログでもお話しましたが、
大学受験をする受験生はセンター試験と記述試験の両方の対策を行っていく必要があります。

模試ばかりで「ヤダー」「大変」って声が聞こえてきそうですが、
模試を受験しなければ、自分が今やっている勉強がどこまで試験で通用するのか
分かりませんからね!

記述模試も活用して、大学入試に向けて万全の体制をつくりましょう!

以下、今月実施の模試になります。

11月16日(日)高校生レベル模試(対象:高校1年生)
11月23日(日)難関大本番レベル模試、有名大本番レベル模試(対象:難関大、有名大を受験する高校3年生)※記述型の模試です。

受験を希望されるかたはこちらのフリーダイアルまで御気軽にお問い合わせください。
0120-1586-37
月曜:10:00~17:00
その他曜日:10:00~21:00

SNSでシェアする
春期体験講習のご相談・お申込みはこちら
カテゴリ
 

【記事監修者】塾長 柳生 好春


1951年5月16日生まれ。石川県羽咋郡旧志雄町(現宝達志水町)出身。中央大学法学部法律学科卒業。 1986年、地元石川県で進学塾「東大セミナー」を設立。以来、37年間学習塾の運営に携わる。現在金沢市、野々市市、白山市に「東大セミナー」「東進衛星予備校」「進研ゼミ個別指導教室」を展開。 学習塾の運営を通じて自ら課題を発見し、自ら学ぶ「自修自得」の精神を持つ人材育成を行い、社会に貢献することを理念とする。

ページTOPへ
facebook