神戸大学合格体験記! - 石川県金沢市・野々市市・白山市の学習塾 - 東大セミナー
2015.03.21教室の様子

神戸大学合格体験記!


DSC_0518

東野 雄太くん

金沢泉丘高校卒業(サッカー部所属)

神戸大学国際文化学部国際文化学科合格

立命館大学国際関係学部国際関係学科合格

 

◆東進入学時期

高校2年12月

 

◆東進のおすすめは?

①過去問演習講座

10年分の過去問を添削してもらえるから。学校では科目によるけど、せいぜい5年分

②講座修了判定テスト

総まとめに最適

③高速基礎マスター講座

基礎が安定するから

 

◆後輩の皆さんへのメッセージやおすすめの東進活用法なども含め具体的に教えてください。また今後の目標や将来の夢・志もあわせて書いてください。

東進に入って一番よかったと思うことは、周りの友達と一緒にがんばれたことだと思います。受験期はどうしても勉強ばっかでストレスがたまるし、あんまり面白いこともないのでいろいろ面倒になったけど、グループ面談とか東進までくる途中の道とかでそのストレスを発散してました。

また、時に友達は競争相手にもなりました。受験期の最後のほうになると、周りの友達の帰る時間がだんだん遅くなってきて、それにつれて自分も負けてられないと思うようになったし、思うだけじゃなくて遅くまで残るようになりました。、自分が前期試験の後あんまり勉強のやる気が出なくてちょっと遊んだりしていた時も周りで必死に後期の小論文をかいてるのをみてやる気をもらいました。だから東進で友達とか同じグループの仲間と支えあうのは志望校合格に必要だとおもいます。

今後の目標・志は、大学で英語とスペイン語をマスターして留学してスポーツ見たり。異文化理解深めたりして、最終的には日本と外国行ったり来たりする国際人になりたいなーと思います。リーダーコースでBIGになるって言ったんで、本当にそうなれるようにがんばりますこれから受験生になるみなさんは周りを大切にして目標をもってがんばってください。

 

合格おめでとうございます!

東進衛星予備校金沢南校

 

 

 

 

SNSでシェアする
カテゴリ
 

【記事監修者】塾長 柳生 好春


1951年5月16日生まれ。石川県羽咋郡旧志雄町(現宝達志水町)出身。中央大学法学部法律学科卒業。 1986年、地元石川県で進学塾「東大セミナー」を設立。以来、37年間学習塾の運営に携わる。現在金沢市、野々市市、白山市に「東大セミナー」「東進衛星予備校」「進研ゼミ個別指導教室」を展開。 学習塾の運営を通じて自ら課題を発見し、自ら学ぶ「自修自得」の精神を持つ人材育成を行い、社会に貢献することを理念とする。

ページTOPへ
X facebook