2015年私立大学志願者速報 - 石川県金沢市・野々市市・白山市の学習塾 - 東大セミナー
2015.03.07勉強法

2015年私立大学志願者速報


志願者速報

 

こんにちは!東進衛星予備校金沢南校の大浦です。

 

私立大学の志願者速報(3月6日現在)が発表されました!

大学探しナビより

 

 

◆1位は2年連続で近畿大学

昨年に引き続き、近畿大学が現状志願者数で第1位!

これまで、明治大学や早稲田大学がトップ争いを繰り広げてきましたが、変わりつつあります。そのポイントとして大きく2点考えられます。

 

①『実学教育』

近畿大学は『実学教育』を打ち出し、学問と実社会との結びつきを強く意識しているようです。有名なところで言えば、「近大マグロ」でしょうか。世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功。全国に20箇所以上の研究所や施設があります。

また、大阪と東京に出店している養殖魚専門料理店では、文芸学部で作られた器を使い、メニューは農学部の食品栄養学科の学生が提案しています。

こうした取り組みが注目・評価され、志願者数トップの一因となっているようです。

 

②出願日程の工夫

近畿大学の出願パターンは多岐に渡ります。

そして、近畿大学一般入試の最も早い日程はセンター試験のおよそ1週間後。私立大学の中でも最も早い部類に入ります。また、中期日程は関東圏の大学の一般入試前期日程と同様の日程で実施されます。

 

近畿大学は「学生の3分の1は第一志望ではない」ことを承知で、大学としての生き残りをかけ、取り組みを実施しているようです。就職率はもちろんですが、大学の具体的な研究においても注目してみてください!

 

東進衛星予備校金沢南校 大浦

 

 

 

SNSでシェアする
カテゴリ
 

【記事監修者】塾長 柳生 好春


1951年5月16日生まれ。石川県羽咋郡旧志雄町(現宝達志水町)出身。中央大学法学部法律学科卒業。 1986年、地元石川県で進学塾「東大セミナー」を設立。以来、37年間学習塾の運営に携わる。現在金沢市、野々市市、白山市に「東大セミナー」「東進衛星予備校」「進研ゼミ個別指導教室」を展開。 学習塾の運営を通じて自ら課題を発見し、自ら学ぶ「自修自得」の精神を持つ人材育成を行い、社会に貢献することを理念とする。

ページTOPへ
X facebook