兵庫県立大学合格体験記! - 石川県金沢市・野々市市・白山市の学習塾 - 東大セミナー
2016.03.15合格者の声

兵庫県立大学合格体験記!


DSC_0324

久田佑太くん

金沢西高校

兵庫県立大学 経営学部 組織経営学科・事業創造学科 合格!

 

◆後輩の皆さんへのメッセージやおすすめの東進活用法なども含め具体的に教えてください。 また今後の目標や将来の夢・志もあわせて書いてください。

自分は最初は勉強に対してあまりスイッチが入っていなかったのですが、松本先生の言葉で人生が変わりました。自分は基本的にすぐ影響されてしまうタイプなので、ガイダンスなどの話でやる気が死ぬほど出てきました。それが勉強のスイッチが入ったきっかけでした。夏休みも悔いの残らないくらい勉強し、いざ夏の模試で成果を発揮すべきときに、結果が全然出なかった時はほんとに悔しかったです。けど、ここでも松本先生の面談で救われた気がしました。そして、秋になり冬にもなってだんだん成績が上がってきたときはほんとにうれしかったです。センター試験では思うような成績は取れず、親や松本先生にはすごい心配をさせたと思うのですが、それでも努力し続けることで合格できた時はやばかったです。それは自分の力だけでなくたくさんの支えがあってのことだと思います。だから、自分的に一番大事にしてほしいのは周りの人に支えに気づくことです。これにはほんとに気づいてほしいとおもいます。次に大事にしてほしいのは人との出会いです。自分も松本先生のおかげで人生がかわったように、かならず受験でおおきな出会いがあると思います。それは塾であったり、学校であったりいろいろあると思います。その一つ一つの出会いをぜひ大事にしてほしいと思います。

 

◆入あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。

『センター試験本番レベル模試』

おすすめ活用法:自己採点をして自分なりに分析をすること。

 

◆担任・担任助手の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残っていることを教えて下さい。

つねにポジティブになったこと、やる気がでたこと。

 

◆やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?

松本先生の言葉。

 

◆あなたの将来の夢・志を教えて下さい。

アパレルの世界に入って、戦略を立てて服を売ること。

 

 

《担任より》

受験生の姿はかくあべし、といった感じでしょうか。

受験生としての理想の姿を彼は見せてくれたように思います。

校舎に入学して以降、彼がサボっている姿を見たことは一度もありませんでした。

 

素直に我々の意見や話は聞きながらも、しっかりそれを自分なりに落とし込み、

考え、実行し、チェックしていました。

私立大学も受験せず、国公立前期にかける意気込みは鬼気迫るものがありました。

しかし、それでも周りの人たちへの感謝を忘れないという心の余裕も作っていました。

受験を通して外見だけではなく、中身までかっこよくなりましたね。

これが本当のイケメンです。

自信を持って兵庫に送り出したいと思います。

 

久田くん、絶対夢を実現させてね!

応援しています。

 

東進衛星予備校 金沢南校 松本

SNSでシェアする
春期体験講習のご相談・お申込みはこちら
カテゴリ
 

【記事監修者】塾長 柳生 好春


1951年5月16日生まれ。石川県羽咋郡旧志雄町(現宝達志水町)出身。中央大学法学部法律学科卒業。 1986年、地元石川県で進学塾「東大セミナー」を設立。以来、37年間学習塾の運営に携わる。現在金沢市、野々市市、白山市に「東大セミナー」「東進衛星予備校」「進研ゼミ個別指導教室」を展開。 学習塾の運営を通じて自ら課題を発見し、自ら学ぶ「自修自得」の精神を持つ人材育成を行い、社会に貢献することを理念とする。

ページTOPへ
facebook