金沢大学合格体験記! - 石川県金沢市・野々市市・白山市の学習塾 - 東大セミナー
2016.03.20合格者の声

金沢大学合格体験記!


 

高橋 篤史くん

金沢泉丘高校(物理部所属)

金沢大学 人間社会学域 人文学類 合格!

 

◆後輩の皆さんへのメッセージやおすすめの東進活用法なども含め具体的に教えてください。 また今後の目標や将来の夢・志もあわせて書いてください。

私はもともと理系で、当初は医学部、その次は薬学部を目指していました。そのため、夏休み直前に文転することを決めたあとは、東進で文型科目の勉強を集中的に学習しました。もともと国語は得意だったので、主に英語の長文読解問題の勉強が中心でした。東進の授業は映像なので、わからなければ何度でも何度でも同じところを繰り返して受講できたため、とても理解を深めることができました。グループミーティングでは、ほかのグループのメンバーの様子などを知ることができたため、「自分も負けてはいられないな」という気持ちにさせられ、高校三年の夏での文転という、同じ学部を受験するほかのライバルたちと比べて圧倒的に不利な状況からスタートを切らなければならない私にとって、日々の勉強のモチベーションを保ち続けるのに役立ちました。また、グループ長会議で、同学年のグループとの話し合いや、下級生のグループへのアドバイスなどを通じて、同じ悩みや苦しみを共有することが、「自分だけではない」と思って頑張り続けることができる要因にもなったとおもいます。私のグループの担任助手の先生は金沢大学に在学中だったので、休憩時間などに志望校の雰囲気や行事などについて知ることができました。 今後、私は大学で日本近代史を専攻しようと考えています。封建体制が崩壊し、今の社会システムの原型が完成された日本の近代について学ぶことで、現代の日本を捉えなおすことができればいいと思います。

 

◆受講講座の中で、特におすすめの講座とおすすめする理由を具体的に教えて下さい。

『センター試験対策英語(90%突破)』

英語の長文を全文訳して解説してもらえるので、わかりやすかったです。受講したあとの英文の音読も、文章の読解でとても役に立ちました。

 

◆担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残っていることを教えて下さい。

ほかの文転した生徒の学習内容などを教えてもらいました。

 

◆あなたの将来の夢・志を教えて下さい。

現代の日本社会の原点となっている日本の近代について研究することで、現代の日本の問題の原因を探り、多くの人に理解してもらう。

 

《担任より》

毎週、グループ長会議に参加し、自分のグループだけではなく、白山校全体を引っ張ってくれました。

センター試験本番レベル模試の国語と日本史の安定感はすばらしかったです!高橋くんの国語力と知識を活かして現代の日本の問題を解決してくれる!そんな予感がします。

数学計算演習を活用して最後のセンター試験の数学の伸びもさすがでした!

高橋くん合格おめでとう!

東進衛星予備校 白山校 岡本

SNSでシェアする
春期体験講習のご相談・お申込みはこちら
カテゴリ
 

【記事監修者】塾長 柳生 好春


1951年5月16日生まれ。石川県羽咋郡旧志雄町(現宝達志水町)出身。中央大学法学部法律学科卒業。 1986年、地元石川県で進学塾「東大セミナー」を設立。以来、37年間学習塾の運営に携わる。現在金沢市、野々市市、白山市に「東大セミナー」「東進衛星予備校」「進研ゼミ個別指導教室」を展開。 学習塾の運営を通じて自ら課題を発見し、自ら学ぶ「自修自得」の精神を持つ人材育成を行い、社会に貢献することを理念とする。

ページTOPへ
facebook