計算も割合も平面図形も、はま道場で楽しく学ぼう! - 金沢市・野々市市・白山市の学習塾 - 東大セミナー
2016.10.27教室の様子

計算も割合も平面図形も、はま道場で楽しく学ぼう!


こんばんは。

御経塚校の山田です。

 

今日は、今週のはま道場の様子をご紹介します。

小4のKさんははま道場をスタートして4ヶ月目。算数が苦手でしたが、学力テストで計算問題の正解率が飛躍的にアップして、めきめき力をつけてきています。今週、算数のテキストを1冊終わらせ、「早く次の準備してくださーい」とやる気まんまんです。

 

春までは計算に苦戦していたKさんが勉強に集中できるようになったのは、「桝田先生の話楽しいから」とのこと。はま道場スタート時間の30分前に塾にきて、うれしそうに先生を待つようになりました。

 

文章題もスモールステップでものにできる!

 

Kさんが力をつけている理由はもうひとつ。計算道場だけでなく、平面図形道場や速さ道場など思考力を問う問題も充実していること。先日も、計算道場のあとに速さ問題のプリントを出すと真剣な様子で取り組んでいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

文章題はKさんの苦手ジャンルでしたが、速さ道場は、単元ごとに少しずつできるから分かりやすいようです。長さや時間の単位の変換からスタートし、速さ計算の用語や公式を図で理解してから、実践問題に入っていくというスモールステップで学べるから、すいすい進んでいきました。

 

先生と楽しく勉強できて、計算から応用まで幅広い問題にチャレンジできる。算数が得意科目になる日も近そうです!

SNSでシェアする
カテゴリ
 

【記事監修者】塾長 柳生 好春


1951年5月16日生まれ。石川県羽咋郡旧志雄町(現宝達志水町)出身。中央大学法学部法律学科卒業。 1986年、地元石川県で進学塾「東大セミナー」を設立。以来、37年間学習塾の運営に携わる。現在金沢市、野々市市、白山市に「東大セミナー」「東進衛星予備校」「進研ゼミ個別指導教室」を展開。 学習塾の運営を通じて自ら課題を発見し、自ら学ぶ「自修自得」の精神を持つ人材育成を行い、社会に貢献することを理念とする。

ページTOPへ
X facebook