12/29-30年末特訓 - 金沢市・野々市市・白山市の学習塾 - 東大セミナー
2019.01.02教室の様子

12/29-30年末特訓


あけましておめでとうございます。東大セミナーの篠原です。

昨年は、皆様のお力添えでよい年となりました。

本年も、よりいっそうの努力をしてまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

早速ではございますが、12/29~30に行われた年末特訓(高3生対象)の様子をお伝えいたします。

 

 

 

①昨年度センター追試試験に取り組みました


 

 

2020年の大学入試改革に向けて、センター試験の傾向が徐々に変わっています。

大学入試センターは、新傾向の問題を突然本試で出すわけではなく、

まず、センターの追試験で試してから、次の年の本試で出題すると言われています。

今年のセンター試験の新しい傾向を掴むために、前年のセンター試験追試験に取り組みました。

 

②追試解説授業


 

センターの追試試験(英語・数学・国語)の解説を行いました。

 

③現役東大生による学習アドバイス


 

現役東大生が、受験生一人一人に試験当日までの学習に関するアドバイスを行いました。

「数学I・Aの問題を解く時間は足りてますか?」

「途中で手が止まって、2分以上考えても方針が思い浮かばない場合は、

 次の問題に移る、という風にやれば大体40分ぐらいで問題を一周できると思います。

 その上で、わからない問題を落ち着いて解いていく方が良いと思います」

と、問題の解き進め方に関するアドバイスも見られました。

 

受験直前期ということもあり、生徒の皆さんから緊張感が伝わってきました。

受験直前になると、どうしても不安や焦りが大きくなってしまうものだと思います。

けれど、焦って空回りしてしまうと、今までの努力が勿体ないです。

落ち着いて慌てず、今出来ることをしっかりやっておきましょう。

SNSでシェアする
カテゴリ
 

【記事監修者】塾長 柳生 好春


1951年5月16日生まれ。石川県羽咋郡旧志雄町(現宝達志水町)出身。中央大学法学部法律学科卒業。 1986年、地元石川県で進学塾「東大セミナー」を設立。以来、37年間学習塾の運営に携わる。現在金沢市、野々市市、白山市に「東大セミナー」「東進衛星予備校」「進研ゼミ個別指導教室」を展開。 学習塾の運営を通じて自ら課題を発見し、自ら学ぶ「自修自得」の精神を持つ人材育成を行い、社会に貢献することを理念とする。

ページTOPへ
X facebook